【永久保存版】ワーホリ・留学の準備リスト check ›

【ワーホリ・留学向け】自分に合うクレジットカードの組み合わせ5パターン

ワーホリや留学におすすめなクレジットカードは、いろんな方のブログやSNSで、さまざまなカードが紹介されていますよね。

でも候補が多くて、一体どのカードが自分に一番あっているのか分かりづらい…という方もいるのではないでしょうか。

そんなお悩みを感じている方に向けて、この記事では「ワーホリ・留学にクレジットカードを3枚持っていくなら、どの3枚を組み合わせる?」というテーマで、おすすめの組み合わせを紹介していきます!

  • 年会費無料にこだわる人向け
  • 海外旅行保険を重視する人向け

などの5パターンを紹介してるので、自分の価値観にあったクレジットカードを見つける参考として、ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール
筆者の写真

みこ

  • 現在オーストラリアに夫婦でワーホリ中
  • 海外渡航 7カ国・ノマド経験あり
  • 今までに「クレカ15枚以上・SIM10社以上」利用
  • 趣味で「海外でのお得な決済手段やサービス」を日々リサーチ
筆者プロフィール
筆者の写真
みこ
  • 現在オーストラリアに夫婦でワーホリ中
  • 海外渡航 7カ国・ノマド経験あり
  • 今までに「クレカ15枚以上・SIM10社以上」利用
  • 趣味で「海外でのお得な決済手段やサービス」を日々リサーチ
目次

ワーホリ・留学におすすめのクレジットカード厳選5枚

当ブログでは主に以下の5枚を、ワーホリ・留学に最適なカードとしておすすめしています。

スクロールできます
公式
サイト
EPOSカードJCBカードWリクルート
カード
セゾンブルー・
アメックス・カード
楽天プレミアムカード
カード
デザイン
カード券面カード券面カード券面カード券面カード券面
年会費無料無料無料25歳以下:無料
26歳以上:3,300円
(初年度無料)
11,000円
還元率0.5%1.0%〜1.2%〜0.5%〜1.0%〜
国際
ブランド
VISAJCBVISA / JCB /
Mastercard
AMEXVISA / JCB /
Mastercard / AMEX
海外旅行
傷害保険
利用付帯
最高3,000万円
利用付帯
最高2,000万円
利用付帯
最高2,000万円
利用付帯
最高3,000万円
自動付帯
最高5,000万円

(一部利用付帯)

この記事では、この5枚のクレジットカードを基に、それぞれの価値観にあったカード3枚の組み合わせを紹介していきます。

それぞれのクレジットカードの特徴や強みなどは、「こちらの記事」で詳しく紹介しているので、ぜひこの記事とあわせてご覧ください。

パターン①年会費無料にこだわる方向けのクレジットカード3枚

年会費無料にこだわる方におすすめのクレジットカード3枚はこちら!

年会費無料にこだわる方向けの3枚

すべて年会費無料でありながら、ワーホリ・留学などの海外生活に役立つこと間違いなしの3枚です。

海外旅行保険の内容は、この3枚だけでは少し不安が残りますが、他の保険と組み合わせる方には問題ないでしょう。

海外旅行傷害保険の詳細を見る
スクロールできます
カード名3枚の合計エポスカードJCBカードWリクルート
カード
適用条件自動付帯利用付帯利用付帯
補償期間90日間3ヶ月間3ヶ月間
傷害死亡・
後遺障害
最高2,000万円
合算不可)
最高500万円最高2,000万円最高2,000万円
傷害治療400万円200万円100万円100万円
疾病治療470万円270万円100万円100万円
賠償責任6,000万円2,000万円2,000万円2,000万円
救援者300万円100万円100万円100万円
携行品60万円20万円20万円20万円

またこの3枚を用意する場合は、リクルートカードの国際ブランドは「Mastercard」を選びましょう。

そうすれば、VISA(エポスカード)、JCB(JCBカードW)と国際ブランドが分散するため、どの店でもいずれかのカードが使えて安心です。

25歳以下なら「セゾンブルー・アメックス・カード」もおすすめ

もしあなたが25歳以下なら、26歳になるまで年会費無料で、付帯保険の内容も手厚い「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」もおすすめです!

その場合は以下3枚の組み合わせにすると良いでしょう。

海外旅行傷害保険の詳細を見る
スクロールできます
カード名3枚の合計エポスカードリクルート
カード
セゾンブルー・
アメックスカード
適用条件自動付帯利用付帯利用付帯
補償期間90日間3ヶ月間90日間
傷害死亡・
後遺障害
最高3,000万円
(合算不可
最高500万円最高2,000万円最高3,000万円
傷害治療600万円200万円100万円300万円
疾病治療670万円270万円100万円300万円
賠償責任7,000万円2,000万円2,000万円3,000万円
救援者400万円100万円100万円200万円
携行品70万円20万円20万円30万円

パターン②③海外旅行保険の内容にこだわる方向けのクレジットカード3枚

保険料を節約したい方にとって、とても重要なクレジットカードの保険内容。

この保険内容にこだわる方向けのクレジットカード3枚は、

  • 補償額重視
  • 補償期間重視

の2パターンに分けてご紹介します。

パターン②海外旅行保険の内容(補償額)を重視する方向けのクレジットカード3枚

クレジットカード付帯の海外旅行保険内容(補償額)にこだわる方におすすめの3枚はこちら!

保険の補償額を重視する方向けの3枚
海外旅行傷害保険の詳細を見る
スクロールできます
カード名3枚の合計エポスカード※エポス
ゴールドカード
セゾンブルー・
アメックスカード
楽天プレミアム
カード
適用条件自動付帯同左利用付帯自動付帯
※一部利用付帯
補償期間90日間同左90日間90日間
傷害死亡・
後遺障害
最高5,000万円
(合算不可
最高500万円最高1,000万円最高3,000万円最高5,000万円
※自動4,000万円
※利用1,000万円
傷害治療800万円
※900万円
200万円※300万円300万円300万円
疾病治療870万円
※900万円
270万円※300万円300万円300万円
賠償責任8,000万円2,000万円同左3,000万円3,000万円
救援者500万円100万円同左200万円200万円
携行品100万円20万円同左30万円50万円
※自動30万円
※利用20万円

この3枚であれば、一番使う可能性の高い「傷害・疾病治療費」の合計がそれぞれ800万円以上あり、かなり手厚い補償額になります。

年会費は、3枚の合計で最低11,000円〜最高19,300円ですが、3ヶ月分の保険料として考えると、1ヶ月あたり約3,667円〜6,434円。

【年会費内訳エポスゴールドカード5,000円、セゾンブルー・アメックス・カード3,300円、楽天プレミアムカード11,000円。
ただし、エポスゴールドカードとセゾンブルー・アメックス・カードは諸条件にて年会費無料のため、3枚の年会費合計額に幅が出ています。

安いと言われる現地保険と比較すると、例えばオーストラリアのBupaは最安プランが約4,925円/月なので、ほとんど変わりません。(※1豪ドル=92.75円で計算)

しかもクレジットカードの保険は日本語対応ですし、保険以外のサービスも充実しているので、コスパはかなり良いと言えるでしょう。

ちなみに、エポスゴールドカードはある条件を満たすと年会費が永年無料になるのですが、その条件はワーホリ・留学を控える方にとってはさほど難しくありません。

エポスゴールドカードを年会費無料にする条件については、「こちらの記事(近日公開)」にて解説しているので、興味のある方はぜひご覧ください。

パターン③海外旅行保険の内容(補償期間)を重視する方向けのクレジットカード3枚

クレジットカード付帯保険の補償期間にこだわる方には、こちらの3枚をおすすめします!

保険の補償期間を重視する方向けの3枚
海外旅行傷害保険の詳細を見る
スクロールできます
カード名エポスカードJCBカードWセゾンブルー・
アメックスカード
適用条件自動付帯利用付帯利用付帯
補償期間90日間3ヶ月間90日間
傷害死亡・
後遺障害
最高500万円最高2,000万円最高3,000万円
傷害治療200万円100万円300万円
疾病治療270万円100万円300万円
賠償責任2,000万円2,000万円3,000万円
救援者100万円100万円200万円
携行品20万円20万円30万円

ポイントは、3枚のうち2枚の保険適用条件が「利用付帯」になっていること。

「利用付帯」の場合、以下のどちらかを満たすと保険が適用されます。

  1. 公共交通機関の支払いをする(電車、バス、タクシーなど)
  2. 募集型企画旅行などの支払いをする(ツアーなど)

そして、①の公共交通機関の支払いについては、日本出国後に海外で行った決済も対象となり、その場合の補償期間は支払いを行った日から90日(もしくは3ヶ月)となります。

つまり、最初の保険期間90日(3ヶ月)が終わるタイミングで、別の利用付帯のカードで公共交通機関の支払いをすれば、そこからさらに90日(3ヶ月)保険適用され、トータル180日間もクレジットカード付帯保険を使えるわけです。

なので、おすすめの3枚のうち、

  1. エポスカードとJCBカードWを最初の保険として使う
  2. セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを後から使う

という使い方をすれば、前半と後半の補償額を同じくらいにしつつ、補償期間を通常の2倍にすることが可能です。

クレジットカードの付帯保険は、少し理解が難しい部分もありますが、うまく活用すれば保険料節約に大きく貢献します。

クレジットカード付帯保険についてより詳しく理解しておきたい方は、こちらの記事「クレカ付帯の海外旅行保険でワーホリ・留学の保険料節約【裏ワザも紹介】」をぜひご覧ください。

パターン④海外キャッシングを利用する方向け

現地通貨を用意するには、どの方法をとっても手数料がかかりますが、その中でも一番安く済む方法は「クレジットカードの海外キャッシング」になります。

ワーホリや留学生にはWiseを使う方が多いですが、実はWiseよりも海外キャッシングの方がお得です。

そんな海外キャッシングを使いたい方におすすめのカードはこちら。

海外キャッシングを利用する方向けの3枚

海外キャッシングの面でおすすめなのは、実は「エポスカード」と「JCBカードW」の2枚だけです(笑)

でも、今回は「クレジットカード3枚の組み合わせを紹介」というテーマなので、3枚めの候補として「リクルートカード」と「楽天プレミアムカード」を挙げました。

追加の1枚は好みで選んでいただいて問題ありませんが、どちらの場合も国際ブランドはMastercardをおすすめします。(エポスカードのVISA、JCBカードWのJCBと分散させるため。)

なお、クレジットカードの海外キャッシングを使って、お得に現地通貨を用意する方法については「こちらの記事」で詳しく解説しています。

手数料で損したくない方はぜひ参考にしてみてください!

パターン⑤総合的にサービスを充実させたい方向け

クレジットカードには、海外旅行保険や海外キャッシング以外にもさまざまな付帯サービスがあります。

せっかくならサービスの充実した、ワーホリ・留学向きのクレジットカードを持ちたい!という方には、つぎの3枚がおすすめです。

総合的にサービスを充実させたい方向けの3枚

3枚とも世界各地に日本語対応の現地デスクを設置しており、

  • 緊急時サポート(紛失や盗難、事故が起こった時など)
  • 都市案内や、観光スポット・イベント情報の紹介
  • ホテルやレストラン、現地ツアーなどの手配

などのサービスを提供しています。

不慣れな海外生活でのトラブル時に、日本語で相談できる緊急時サービスは特に心強いサービスですよね。

また、楽天プレミアムカードにはさらに強力な特典があり、世界中の空港VIPラウンジなどを利用できる「プライオリティパス」を無料で発行してくれます!

プライオリティパスとは?

プライオリティパスとは、世界1,300カ所以上の空港VIPラウンジやレストランを無料で利用できる会員証です。

単体で発行する場合、約50,000円の年会費がかかりますが、楽天プレミアムカード会員はこれを無料でゲットできます。(いい意味で意味不明です笑)

ちなみに、プライオリティパスで利用できるラウンジの利用料は、非会員だと1回約3,500円。

つまり、1年に4回ラウンジを利用すれば、楽天プレミアムカードの年会費11,000円は実質無料ということに…!

例えば、日本から渡航国への往復、渡航先での国内旅行の往復、それぞれで毎回ラウンジを利用すれば、それだけで年会費の元が取れてしまいます。

VIPラウンジでは食事やアルコールの提供、場所によってはシャワーもあり、空港での待ち時間が超快適になること間違いなしです!

これらの3枚は、海外旅行保険や海外キャッシングの面でもおすすめできる、総合的に優れたカードです。

海外旅行傷害保険の詳細を見る
スクロールできます
カード名3枚の合計エポスカードJCBカードW楽天プレミアム
カード
適用条件自動付帯利用付帯自動付帯
※一部利用付帯
補償期間90日間3ヶ月間90日間
傷害死亡・
後遺障害
最高5,000万円
(合算不可)
最高500万円最高2,000万円最高5,000万円
※自動4,000万円
※利用1,000万円
傷害治療600万円200万円100万円300万円
疾病治療670万円270万円100万円300万円
賠償責任7,000万円2,000万円2,000万円3,000万円
救援者400万円100万円100万円200万円
携行品90万円20万円20万円50万円
※自動30万円
※利用20万円

ワーホリ・留学を充実したものにしたい方は、この3枚を選ぶと良いでしょう。

まとめ

この記事では、当ブログでおすすめしているクレジットカード5枚をさらに厳選して、3枚に絞った組み合わせを5パターンご紹介しました。

ワーホリや留学の準備って意外とやることが多くて、自分に合ったクレジットカードを選ぶのもなかなか大変ですよね。

とはいえ、海外には必ずクレジットカードを2〜3枚持って行くべきなので、この記事で紹介した組み合わせを参考に、自分の価値観に合ったクレジットカードを準備していきましょう。

なお、今回の記事で取り上げている5枚のクレジットカードそれぞれの特徴や強みなどは、こちらの記事「ワーホリ・留学におすすめのクレジットカード5選!」で詳しく紹介しているので、ぜひこの記事とあわせて参考にしてみてください。

この記事で紹介したクレジットカード

スクロールできます
公式
サイト
EPOSカードJCBカードWリクルート
カード
セゾンブルー・
アメックス・カード
楽天プレミアムカード
カード
デザイン
カード券面カード券面カード券面カード券面カード券面
年会費無料無料無料25歳以下:無料
26歳以上:3,300円
(初年度無料)
11,000円
還元率0.5%1.0%〜1.2%〜0.5%〜1.0%〜
国際
ブランド
VISAJCBVISA / JCB /
Mastercard
AMEXVISA / JCB /
Mastercard / AMEX
海外旅行
傷害保険
利用付帯
最高3,000万円
利用付帯
最高2,000万円
利用付帯
最高2,000万円
利用付帯
最高3,000万円
自動付帯
最高5,000万円

(一部利用付帯)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次