【永久保存版】ワーホリ・留学の準備リスト check !

ワーホリ・留学中も使える!楽天モバイルの魅力から注意点まで徹底解説

留学中におすすめの日本の格安SIMってどこ?選択肢が多すぎて正解が分からない…!

ワーホリ・留学中、日本の電話番号維持にどこの格安SIMを使うべきか悩みますよね。

この記事では、私が比較した格安SIM15社のうち「利便性とコスパが最強なSIM」としておすすめな「楽天モバイル」について、概要やメリット・デメリットなどをご紹介していきます!

楽天モバイルは、

  • ワーホリ・留学中に利用する上で必要な機能・条件がちゃんと揃ってる
  • 海外でも使える便利な機能が豊富
  • 高コスパ!0円運用も可能

という海外に拠点をおく日本人に最適な格安SIMです!

ワーホリ・留学時用のSIM選びに失敗したくない方は、ぜひこの記事を参考に検討してみてください!

比較した格安SIM一覧(15社:eSIM対応の全社)

  • eSIMを選べることが重要なため、eSIM対応の会社のみ比較してます。
  • povo
  • ahamo
  • irumo
  • LINEMO
  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • Yモバイル
  • mineo
  • 日本通信
  • HISモバイル
  • IIJmio
  • nuroモバイル
  • J:COMモバイル
  • LinksMate
  • BIC SIM

海外でも使える!コスパ最強格安SIM

筆者プロフィール
筆者の写真

みこ

  • 現在オーストラリアに夫婦でワーホリ中
  • 海外渡航 7カ国・ノマド経験あり
  • これまでにクレカ15枚以上、SIM 9社以上利用
  • 趣味で「海外でのお得な決済手段やサービス」を日々リサーチ
筆者プロフィール
筆者の写真
みこ
  • 現在オーストラリアに夫婦でワーホリ中
  • 海外渡航 7カ国・ノマド経験あり
  • これまでにクレカ15枚以上、SIM 9社以上利用
  • 趣味で「海外でのお得な決済手段やサービス」を日々リサーチ
目次

楽天モバイルの概要(プラン内容・料金など)

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルは大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に次ぐ、4つめの通信キャリアとしてサービスを提供しています。

提供プランは2つありますが、月額料金は全く同じです。

楽天モバイル提供プラン

音声通話付きSIM

  • Rakuten最強プラン(通常タイプ)

データ通信専用SIM

  • Rakuten最強プラン データタイプ

この2プランの違いは以下の3点。

通常タイプデータタイプ
音声通話できるできない
他社からの
番号引継
できるできない
契約の簡易さ一般的かなり簡単
本人確認書類の提出不要

データタイプに料金的メリットはなく、他社からの電話番号引継(MNP)もできません。

ワーホリ・留学時の、日本の電話番号維持用としては、通常タイプのみ検討すればOKです!

楽天モバイル【Rakuten最強プラン】の詳細

Rakuten最強プランの特徴
  • データ利用量に上限なし
  • 料金は1ヶ月間のデータ利用量に応じて決まる
  • 海外でも毎月2GBまでデータ通信可能!
  • Rakuten Link(独自通話アプリ)の使用で通話料無料(海外からの発信も無料!

基本料金

Rakuten最強プランの月額料金は、1ヶ月間で利用したデータ量に応じて料金が決まる仕組みになっています。

データ利用量料金
0GB〜3GB1,078円(税込)
3GB超過後〜20GB2,178円(税込)
20GB超過後〜(無制限)3,278円(税込)
【海外でのデータ通信】毎月2GBまで可能(追加費用なし)

海外にいる間はデータ利用量が3GBを超えることが基本ないので、月額料金は1,078円になります。

また楽天モバイルでは、海外でのデータ通信も毎月2GBまで基本料金内で利用可能です!

詳しくは後ほどご紹介しますが、私自身この2GBを毎月利用しており、かなり重宝しています。

オプション料金

オプション料金
15分(標準)通話かけ放題1,100円(税込)
海外でのデータチャージ500円 / 1GB(非課税)

楽天モバイルは海外でも毎月2GBまでデータ通信可能ですが、データチャージを行えば2GB以上のデータ通信も可能です!

チャージしたデータは購入後すぐに利用でき、有効期限は31日間とかなり長め!

他社にも海外でのデータ通信オプションはありますが、有効期限1日で約500円〜といった料金設定ばかり。

1GBあたりたった500円の安さで、31日間も使えるのは楽天モバイルだけです!

その他のサービス料金

その他のサービス等料金
通話料Rakuten Link利用
0円
標準通話アプリ利用
22円 / 30秒(税込)
契約事務手数料0円
MNP転出料0円
解約料0円

楽天モバイルでは、Rakuten Linkという独自通話アプリを使うことで、国内はもちろん海外からの発信も無料!

また、契約や解約時の手数料もすべて無料とかなり良心的な料金設定になっています◎

\ 初めての契約で6,000ポイントもらえる /

楽天モバイルがワーホリ・留学におすすめ9つの理由

日本の電話番号維持用SIMとして、楽天モバイルはメリットが盛りだくさん◎

もちろん、ワーホリ・留学中に利用する上で必要な機能・条件もしっかり揃ってます!

実際に私もずっと楽天モバイルを使っていますが、「利便性とコスパ」で楽天モバイルに勝るSIMはありません!

そんな楽天モバイルの具体的なおすすめ理由9つをご紹介します!

楽天モバイルがおすすめな理由
  • 楽天ポイント払いで実質無料にできる
  • 初めての契約で6,000ポイントもらえる
  • 海外でのデータ通信が毎月2GB無料
  • 一時帰国時に手続き不要でそのまま使える
  • 海外から日本への国際通話が無料
  • 海外でもSMS認証ができる
  • eSIMに対応
  • 契約事務手数料が無料
  • 楽天市場・楽天カードでのポイント還元率UP

おすすめ理由①:楽天ポイント払いで実質無料にできる

楽天モバイルの月額料金は、楽天ポイントでの支払いが可能!

おかげで私は毎月実質無料で使えてます!

ポイント払いの特徴
  • 1ポイント=1円として利用可
  • 期間限定ポイント>通常ポイントの順で消費されるのでムダがない
  • 利用するポイントは、月額料金の一部〜全額まで自由に設定可
  • ポイント払いでも通常どおり楽天ポイントが付与される(100円分につき1ポイント)
  • 毎月自動でポイントが充当されるよう設定可能

楽天モバイルや楽天カード、楽天市場などの利用で貯めたポイントを有効活用でき、さらにポイントが貯まるなんて本当お得ですよね!

みこ

私は日本から送ってほしいものを、自分で楽天市場で購入(実家に配送)してるので、海外にいても楽天ポイントがいっぱい貯まってるよ!

そして貯まったポイントは楽天モバイルでムダなく使えるから、本当ありがたい◎

おすすめ理由②:初めての契約で6,000ポイントもらえる

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルでは現在、他社からの乗り換えで6,000ポイントもらえるキャンペーン実施中!

このポイントを月額料金の支払いに充てれば、5ヶ月無料で使えます!

新しい通信会社への乗り換えには多少の不安がつきものですが、5ヶ月も無料で使えるなら安心して乗り換えられますね◎

みこ

楽天モバイルは、いつでも解約可能&解約料0円!
もし使い勝手が微妙でも、実質無料の期間中に他社へ乗り換えられるので、気軽に試してみると良いですよ!

おすすめ理由③:海外でのデータ通信が毎月2GB無料

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルはなんと「海外でのデータ通信が毎月2GBまで無料」で出来るんです!

この機能は本当に便利で、ワーホリ・留学中に現地で使えるのはもちろん、ほかにも例えば

  • 現地の空港到着直後(現地SIM購入前)
  • 乗り継ぎでワーホリ・留学先と異なる国の空港を経由するとき
  • ワーホリ・留学先から近隣国へ旅行へ行くとき

などの場面でも、手続きなしですぐにネットが使えるのでかなり重宝します!

この機能が使える対象国・地域は72ヶ所ワーホリ・留学で人気の渡航先(アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド)も対象です!

対象国・地域72ヶ所をみる

<2023年12月時点>
アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アラブ首長国連邦、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、ウクライナ、エジプト、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カタール、カナダ、カンボジア、韓国、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クウェート、クロアチア、サイパン、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ヨルダン、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア

日本の電話番号を維持するだけ、たまにSMS認証に使うだけではなく、海外でもデータ通信ができて月額1,078円はかなりコスパが高いですよね!(しかもポイント払いすれば実質無料!)

データチャージで2GB以上のデータ通信も可能!

楽天モバイルでは、海外で使うデータ容量を必要な分だけいつでも追加購入できます

データチャージ料金は「1GBあたり500円」、購入直後から31日間利用可もし海外で2GB以上のデータ容量が必要になっても心配不要です◎

おすすめ理由④:一時帰国時に手続き不要でそのまま使える

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」は、データ利用料に応じて月額料金が決まる仕組みになってます。

そのため、一時帰国時に契約プラン変更(データ増量)などの手続きが不要。日本到着後すぐにネットが使えます!

もちろん日本出国時もなにも手続きはいりません。

みこ

一時帰国はなにかとバタバタするので、SIMについて何も気にしなくて良いのはめちゃくちゃ楽ですよ!

おすすめ理由⑤:海外から日本への国際通話が無料

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイル独自の通話アプリ「Rakuten Link」を使えば、海外から日本・他国へ無料で通話可能!

家族や友達とはLINEで通話するので、この機能を使う機会は少ないですが、日本の企業宛の電話などLINEが使えないときには重宝しますよ!

みこ

日本の市役所やクレジットカード会社などに電話する機会がたまにあるので、無料で国際通話できるのは地味にありがたい!

おすすめ理由⑥:海外でもSMS認証ができる

ワーホリ・留学時の格安SIMを選ぶ上で1番大事なポイントは、海外でもSMS認証に使えること!

なぜなら、海外でも日本の電話番号でのSMS認証が使えないと詰むから。

これ見落とす方ほんとうに多いので要注意…!

海外滞在中も日本のサービスやアプリを使う機会は多々あり、それらの登録・ログイン時に本人確認のため「日本の電話番号でのSMS認証」をよく求められます。

特に高いセキュリティが求められる銀行やクレジットカードのログインは、日本の電話番号しか受け付けてくれません…

その点、楽天モバイルは海外でもちゃんとSMS認証ができ受信料も無料なので、ワーホリ・留学時も安心して使えますよ!

大手キャリアの「番号保管サービス」は、通話・SMS・データ通信すべて一切利用不可なので要注意!

おすすめ理由⑦:eSIMに対応

格安SIMの通信会社には、eSIM未対応の会社もありますが、楽天モバイルは対応済み!

日本の電話番号維持用のSIMには、必ず「eSIM」を選ぶ必要があるので、eSIM対応は重要ポイントです!

「eSIM」を選ぶべき理由

格安SIMで日本の電話番号を維持する際、スマホには「日本のSIM」と「海外のSIM」の2枚を入れることになります。

この状態を「デュアルSIM」と言うんですが、多くのスマホは「物理SIM+eSIM」の組み合わせでデュアルSIMに対応。

つまり、日本と海外それぞれで利用するSIMは、一方は物理SIM、もう一方はeSIMを選ばないといけません。

しかし日本でも海外でも、eSIM対応の通信会社は限られており、物理SIMの方が主流。

そのため、日本の格安SIMにはeSIMを選び、物理SIMは海外のSIM用に空けておいた方が無難というわけです!

ちなみに「物理SIM」と「eSIM」の違いは以下のとおり。

物理SIMeSIM
カード型のチップ
通信会社ごとに差し替える必要あり
スマホ端末内に埋め込まれているチップ
通信会社ごとに差し替え不要

おすすめ理由⑧:契約事務手数料が無料

楽天モバイルは、契約時の事務手数料が無料!

格安SIMでは契約事務手数料(約3,000円)のかかる会社が多いので、これが無料なのは大きな魅力です。

しかも、楽天モバイルは契約事務手数料が無料なだけでなく、契約時に楽天ポイントもくれるので、他社SIMとは大違いですね!

おすすめ理由⑨:楽天市場・楽天カードでのポイント還元率UP

画像引用元:楽天モバイル

楽天市場も楽天カードも、楽天モバイルユーザー以外へのポイント還元率は近年改悪されていますが、その分楽天モバイルユーザーに対してはより多く還元されるようになっています!

  • 楽天市場でのお買い物
    通常の5倍(100円で5P)
  • 楽天カードでのお買い物
    通常の2倍(100円で2P)
  • 通常のポイント還元率1%(100円で1P)

楽天モバイルを使っていると、

楽天ポイントがより貯まりやすくなる!

貯まったポイントは、楽天モバイルの月額料金ポイント払いに使える!

ポイント払いの時でもポイントがつく!

といった好循環が起き、海外生活中も楽天経済圏の恩恵を受けやすくなりますよ◎

\ 初めての契約で6,000ポイントもらえる /

楽天モバイルのデメリット

メリット盛りだくさんの楽天モバイルですが、3つだけ残念な点もあるので、それぞれご紹介していきます。

楽天モバイルのデメリット
  • 月額料金が少し高い
  • 日本での利用時に通信速度が遅いときがある
  • 180日間未使用だと利用停止になる場合がある

①月額料金が少し高い

楽天モバイルの月額料金は税込1,078円〜と、ほかの格安SIMと比べて少し高いですよね。

正直、私自身は、海外でも毎月2GBデータ通信できたり、ポイント払いで無料にできるなど利便性・コスパが高いので、さほど月額料金が高いと感じていません。

とはいえ「コスパより実際の安さが大事!」という方には不向きなので、その場合は月額290円のHISモバイルの方がおすすめです。

HISモバイルについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、安さ重視の方はぜひ参考にしてみてください◎

②日本での利用時に通信速度が遅いときがある

画像引用元:みんなのネット回線速度

楽天モバイルに関するネガティブな口コミの大半を占めるのが、通信速度の遅さ・不安定さ。

私自身、楽天モバイルは3年以上使っていて、たしかに建物内など場所によって繋がりにくい時はあります。

原因は、大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が持っている「プラチナバンド」を楽天モバイルは持っていないため。

プラチナバンドとは?

  • 建物内や地下など障害物の多い場所でも繋がりやすい電波
  • 通信速度は速い方ではないが、動画視聴も可能なレベル

しかし、2023年10月に総務省の認定がおり、楽天モバイルもついにプラチナバンドを獲得!

2024年中の提供開始を目指すようなので、通信環境は今後ますます改善されるでしょう。

ちなみに、海外では楽天モバイルの回線を使わないので、現時点でも支障ありません。

海外でのデータ通信やSMS受信に使われるのは、楽天モバイルが提携している現地通信会社の回線です。

楽天モバイルの通信速度については、今後改善が期待されること、海外では影響しないことから、さほど気にしなくて大丈夫ですよ。

③180日間未使用だと利用停止になる場合がある

日本のSIMをワーホリ・留学中に使う上で気になるのが、自動解約されないか?という点。

楽天モバイルの場合、180日間未使用だと解約させられる恐れがあります。

利用停止の対象になる条件

180日間未使用(データ通信0GB、通話0回)の場合

とはいえ、いきなり自動解約ではなく事前通知があるので、知らない間に解約される心配はありません。

また、楽天モバイルは海外でも2GB無料でデータ通信できますし、SMS認証を行う機会もあるので、180日間未使用になることは基本ありません

仮に180日間未使用になったとしても、楽天モバイルから通知が来たあとすぐに利用すれば、解約は回避できます。

なのであまり心配する必要はないでしょう。

楽天モバイル契約・利用時の注意点3つ

ワーホリ・留学中、楽天モバイルを日本の電話番号維持用として使う場合は、以下の3点に注意して申込・利用を行いましょう。

楽天モバイルの注意点
  • 必ず「eSIM」を選ぶ
  • 海外ローミングの設定をする
  • 日本国内と海外でのデータ使用量は合算される

①必ず「eSIM」を選ぶ

ワーホリ・留学中に格安SIMを利用して電話番号維持する際は、「デュアルSIM」というスマホ端末に2枚のSIMを入れた状態になります。

そして多くのスマホは「1枚は物理SIM(SIMカード)、もう1枚はeSIM」の組み合わせでのみデュアルSIMが可能です。

しかし日本でも海外でも、eSIMにはまだ対応していない通信会社があり、物理SIMの方が主流。

よって、物理SIMは海外のSIM用に空けておいた方が無難なため、楽天モバイルでは必ず「eSIM」を選びましょう。

②海外ローミングの設定をする

海外でデータ通信したりSMS受信するためには、「海外ローミング」の設定が必要です。

楽天モバイルの場合、以下の設定をすることで海外ローミング機能が使えるようになります!

海外での利用の際は、忘れずに海外ローミング設定を行いましょう!

海外ローミング設定方法
STEP
出国前に、会員ページ「my楽天モバイル」で海外ローミング設定をONにする
  • my楽天モバイルでの設定は、Web・アプリどちらからでもOK!
  • この設定は海外到着後でもできますが、Wi-Fiなどのネット環境が必要です。
STEP
スマホ端末の設定アプリから海外ローミング設定をONにする

③日本国内と海外でのデータ使用量は合算される

これは一時帰国時に要注意ですが、「日本でのデータ利用量」と「海外でのデータ利用量」は合算されます。

もし月額1,078円に抑えたい場合、日本と海外あわせて3GB以内のデータ利用量にしないといけません。

私は以前「合算されない」と勘違いしており、一時帰国時に月額が1,078円を超えてしまいました…!

↓データ使用量の内訳(日本で3.08GB、海外で2GB)

月額1,078円に収まらなくても構わないんですが、勘違いしてただけにちょっと悔しかったです…笑

ちなみに、ややこしいですが、データチャージで追加購入したデータ利用分は合算されないのでご安心を。

まとめ

ワーホリ・留学生におすすめな「楽天モバイル」について、概要やメリット・デメリットなどをご紹介しました。

楽天モバイルは海外生活中にも使えるお得なサービス・機能が非常に多く、「利便性とコスパに優れたSIM」を求めている方に最適です!

ワーホリ・留学界隈では、安さを理由に「povo」をおすすめする方が多いですが、povoはSMS認証に不具合があるので正直おすすめできません…。

「海外でもSMS認証に使えること」は安さより重要なポイントです。

楽天モバイルならポイント払いでpovoのように0円運用もできるし、SMS認証もちゃんと使えます!

ワーホリ・留学時用のSIM選びに失敗したくない方は、ぜひ楽天モバイルを検討してみてくださいね◎

海外でも使える!コスパ最強格安SIM

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次